〜子犬を飼い始めた方に〜

近年では、ネットが普及しており、様々な情報が飛び交っており個人でもたくさんの情報が見ることができます。

そのため、一つの疑問に対しても、全く別の意見があったり、悩むことも多いのではないでしょうか。

 

そうした場合、「何を基準に決めたらいいんだろう・・」とよく飼い主様からご質問頂きます。

 

答えは単純なもので、「その子に合うモノを一緒に探して見つけていく」が最善なのではと思います。

10頭いたら、10通りの答えがあり、性格も犬種も、毛質や毛量も、骨格や顔つきさえも一頭一頭違います。

【他の子ができたから、うちの子もできる】と思うこともあると思いますが、そうではない時ももちろんあります。

 

 

また、子犬を飼い始めたときは、誰しも「楽しい」気持ちや、「幸せ」な気持ちがあり、

してあげたいことも沢山あると思います。それはとっても良いことです。

 

だからこそ、その子のため、何がしてあげられるのか考えたときに、私たちからも、犬のプロとしての「一つのアドバイス」として、その子のためのご提案ができればと思います。

トリミングサロンに慣らすこと

みなさんは、トリミングサロンに慣らす必要があると思いますか?

答えは人によって違うでしょう。

 

ただ、言えることは老犬になってから、または高齢犬になってから、家でシャンプーや爪切りをするのが大変になってきて・・・

となる飼い主さんも少なくありません。

 

そうした際に、お店に慣れていないと、いざトリミングサロンを利用しようとした際に、ストレスがとてもかかります。

 

 

また、カットをしなければいけない犬種を飼い始めた方、

これから先、「カット」という作業がその子の生涯ずっと続きます。

 

その子の価値観は1歳(犬年齢で)までに大方決まってしまい、

「トリミングが嫌い」、とその時思ってしまえば、

これからのその子の一生がずっと「トリミングが嫌い」になってしまう子もいます。

 

また、「トリミング」が必要ではない子でも、「爪切り」や足の裏の毛は伸びてきてしまうため、同じことが言えると思います。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記のことから、これから先、お手入れやカットが生涯続いていくことを踏まえ、

子犬ちゃんをお預かりする際は、その子のトラウマを作らない様に、無理は致しません。

 

また、トリミングに対して、「楽しい」思いや、お店、スタッフに対して「嬉しい」気持ちを沢山感じて帰ってもらいます。

 

それを繰り返し続けていくことで、その子の生涯行う「カット」という作業が、とても素敵なモノになっていく様にお店全体で取り組んでおります。

〜How to〜

慣らすために「大切」なこと

〜期間〜

すごく楽しい思い出を作っても、時間が経ってしまえば思い出しにくく、嫌な記憶というのは残りやすくなります。

そのため、なるべく子犬ちゃんが成犬を迎えるまでに、慣らす回数を増やす事を推奨しております。

「楽しい」や「嬉しい」気持ちが薄れてしまう前に、さらに「楽しい」思い出を増やしてあげる事を繰り返し行なっております。

 

そのため、飼い主さんにも一緒に協力して頂くことも多くあります。

 

時間も確かに使いますが、その子が尻尾を振ってお店に来てくれる姿を見れる様になると、「ほっこり」し、「安心」して預けられる様になると思います。

もし、よろしければ私たちがその子のために、時間を使い、私たちが目指す、犬に愛されるトリマーさんのところに預けてはみませんか?